つじ整体院

大阪府枚方市星丘3-1-17
飯田ビル1F

072-805-0081 お問い合わせ

【駐車場】玄関前に1台
【営業日】
火~金 9:00-20:00
土 9:00-17:00
日 9:00-12:00
【定休日】月・祝

LINE@

24時間予約受付
毎週メルマガ配信中
健康についての質問にお答えします

line@友達追加 友達追加はコチラから!

HOME > 症状別メニュー > 成長期のスポーツ障害(オスグッドシュラッター病)

症状別メニュー

< 顎の痛み  |  一覧へ戻る  |  股関節の痛み >

成長期のスポーツ障害(オスグッドシュラッター病)

成長期のスポーツ障害(オスグッドシュラッター病)は、中学生くらいの走ったり、ジャンプしたり、ボールを蹴ったりするスポーツをする子供に多いです。

運動した際、太ももの前にある「大腿四頭筋」が膝蓋腱を介して脛骨を引っ張ってしまうことで、過剰な負担がかかり、痛みを生じてしまいます。

osgood_schlatter_01.gif

当院にも病院に行って、「痛みが無くなるまで、運動を中止してください。」と言われ、困った挙句に保護者が連れてくるというパターンが多いです。

しかし、運動を中止して治るまで待っている時間なんて、スポーツをしている子供にはありません。

当院では運動をしながら治療できるお子様に関しては、最初は運動量こそ減らしますが、治療と並行してやってもらってます。

痛みの原因としては、スポーツでの疲労からくる、股関節や足首の硬さだと考えています。

つじ整体院では股関節や足首を中心に体全体の柔軟性を上げるように治療しています。

そして治療と並行して、自宅でも股関節や足首を柔らかくしたり、強くすることのできる体操を指導しています。

そうすることによって、痛みが無くなるまで待つよりも、早期の改善、そして早期のスポーツの復帰が期待できます。

更には治療開始前よりも、きれいなフォームでスポーツできるようになっていることに気づく子供も多いです。

早期にスポーツに復帰したい方は専門の治療を受けることをお勧めします。





< 顎の痛み  |  一覧へ戻る  |  股関節の痛み >

このページのトップへ